陳炫亨作者について略歴。                  
1970年、台北市萬華区に生まれる。
復興商工美術科彫刻組から卒業。
国立台湾芸術専門学校彫刻科から卒業。
国立工芸研究所陶磁器科飾り組スキルトレーニンググラス。
福建省南安興竜窯業陶磁器ギフトのデザイナ。
国立台湾芸術大学工芸学科から卒業。
新北市三重コミュ二ディカレッジ蘆洲キャンパ陶磁器講師。
中華文物保護協会文物鑑賞委員会秘書。
1992年第一回金陶コンテスト創意組入選。
2014年第五回台湾金壷設計コンテクスト入選。
2014年廈門市茶葉博覧会<一碗風景>という柴焼を展示。
2015年台北<溫事><台湾柴焼く民芸火の舞の美>個展。
2015年マカオ第二十回MIFザ、ベネチアンに展示。
2016年国立台湾図書館雙和ギャラリースペースで<台湾柴焼く民芸火の舞の美>個展。

作品のスタイル:純朴、奔放、真実、興味深い
作品のスタイルはよく胎土に感触と筆触を刻みます。多様な肌理を飾って落灰というもの階層が増えし変化を豊かになります。観覧者が作品を見る時、同時に階層の変化の美が感じられます。例えば:海韻シリーズは海の波濤により起こした変化の美を感じ、その感動を茶碗の外観に刻みます。
今までの作品は、立体造形的なセラミック彫刻です。生活に見える全てと成長過程で感じた感覚を立体の形で物語と心境を語ります。観覧者は作品を見ると懐かしいと親切感が湧く、そして作者と共鳴します。
もう一つの作品は実用な工芸茶道具例え茶壷と茶碗などシリーズ、造形花器などです。工芸品と生活の陶器は作者の巧みな構想で釉色と独特なデザインをつけます。使用者は器物を使うたびに、心に満足の感触と視覚的な宴を湧かせます。これも陶芸家存在の意味です。
焼き方について、主に柴窯で柴焼いて出てきた自然な落灰と火痕の飾りと志野釉や電気の窯で釉薬どの組み合わせです。
私は陶磁器の質朴と作者独特な飾りとデザインに力を注ぎます、使用者と作者の間の創造理念と気持ちが互いに伝えるように求めっています。作者に勇気を出してもっと自分表現をさせて、生活の中で陶磁器の美のかけて、もっとハーモニーします。

茶人たち鍾愛している柴焼き茶器の伝説
柴焼き茶器でお茶入れる、お茶を注ぎます。柴焼く陶器の特性は表面の多孔質がお茶の中の雑質を吸い込む、高熱で焼きから生み出す遠赤外線が茶壷につけて、茶壷に赤外線を放射させれる陶器になる等のゆえに、柴焼き茶器でお茶入れると茶にもっと甘くて口に合えること、水質を軟化することと水質を浄化することなどの効果があります。
一方、柴焼きお茶碗でお酒を飲むにはお酒の中の辛口を消す、もっとまろやかにします。
坊間の茶人の説によれば、柴焼き茶器は最短三泊四日に柴窯で木を高温燃焼するの上で、遠赤外線と木を燃やして生み出す炭素は茶碗に定着するから、柴焼く茶碗でお茶と水を飲むとき、硬水から軟水を転換することがガラスより効果が良いです。
ある人は柴焼く茶缶でワインと高粱を飲むとき、高粱の辛口とワインの渋味を消すことができると思っています。
なので、ある人はガラスと柴焼き茶碗を実験します。2杯が同時に一分を放置して比べると確かに柴焼き茶碗の方は食感が良いです。柴焼き陶は多孔質を持っているの原因として、呼吸できる陶と呼ばれています。陳年茶と発酵茶を柴焼き茶筒で保存し、柴焼茶筒の中でもっと熟成させるということも茶人たちが柴焼き好きの原因です。
他にプーアル茶は好みの茶人たちがよく柴焼き茶器を使う原因とは、陳年茶は新茶より高くて手に入るも困難です。しかし、柴焼き茶器を使用すれば、新茶の味は陳年茶の味のように熟成させることができます。
以上はよく知られている茶人達が柴焼き茶器を鍾愛する様々な原因です。
ですが、人によって感覚はそれぞれだから、私は知人に柴焼き物を紹介する時、主に落灰と火痕の独特性と美感を紹介します。私にとって柴焼きはチームの体力、意志力と判断力のパフォーマンスアートだ、そして、火と土との一番きれいな邂逅です。

文章標籤
創作者介紹
創作者 琢蘊越亨炫茶器 的頭像
琢蘊越亨炫茶器

琢蘊越亨工作室/陶藝柴燒茶器花器香器烏龍茶Facebook :hsuan888 LINE :0982235888

琢蘊越亨炫茶器 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()